銀座のラゼック

レーシックは視力の矯正方法として近年大変注目されているものです。日本でも取り扱いのある病院が増え、銀座などでも手術を受けられるようになりました。レーシックが登場するまでは近視の人は眼鏡やコンタクトレンズで視力の矯正をするしかありませんでした。ところがレーシックを受けることによって、裸眼で1.5〜2.0まで見えるようになるのです。近視というのは、眼球の筋力が低下することで正しく屈折が行われなくなることにより起こります。レーシックは角膜の薄さを変えることでこの屈折率を変化させることが可能だということに着目されてできた方法です。レーシック手術では、まず角膜上皮細胞から蓋状の膜を剥離し、その後で角膜実質にレーザーを照射して角膜を薄くしていきます。ただ、従来の方法では、手術を受けられる人に制限がありました。特に角膜の薄い人は諦めなくてはいけないということになっていました。そこで、そういった人でもレーシックを受けられるようにと開発されたのがラゼックと呼ばれる方法です。レーシック手術ではじめに剥離する角膜上皮をフラップと呼びますが、通常のレーシックでは器具を使ってフラップをはがしていました。ラゼックでは特殊なアルコールを使うので、通常よりも薄いフラップを使うことが可能になっています。これによって角膜の薄い人でも手術ができます。ただし、角膜上皮は角膜を保護するものなので、フラップの薄いラゼックの場合、角膜上皮が再生されるまで、術後激しい痛みを伴います。また、目を保護するためにしばらくは紫外線を遮断するためのサングラスをかける必要があります。このように多少の術後の面倒はありますが、これまでレーシックを受けられなかった人も受けられるので、ラゼックは画期的な方法といえるでしょう。

 

美容整形 池袋

レーシック 病院 名古屋

レーシック手術 大阪

レーシック 新宿